ダブル外断熱

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119  千葉県我孫子市南新木3-2-4

9:00~17:00

ダブル外断熱

ダブル外断熱

ダブル外断熱

住まいの温度差から起こる住まいの死亡事故を防ぐ・温度のバリアフリー

脱衣室や浴室で、住まいの温度差から起こる死亡事故が年間一万人を超えると推定されています。
温暖な沖縄では死亡事故が少ないことから住まいの温度差が原因であることは明らかです。

段差を無くすことや手すりを付けるなどの高齢者対策はすぐに気づくが温度差のない住まいに関しては普段の生活で不都合を感じることが少なく見過ごしがちだが住まいを作るとき温度のバリアフリーにも注意してほしい。

建物の温度むらは快適さを失い、人の健康を脅かす

春や秋の爽快な季節のころは、外気温度と室温、部屋と廊下やトイレ等は、それぞれの空間で一様な温度を保ち、17℃~18℃程度の温度帯でも寒さを感じさせず快適なのですが、
冬の暖房された部屋の温度は26℃を超えることもあり、冬着姿では到底我慢できないほどの温度の中、汗もかかずに生活できるのはなぜでしょうか?

これは建物の中に不均一な温度むらがあるからです。温度むらを起こさせてしまうような建物の断熱の施工に原因があるのです。
囲炉裏や焚き火のように、火の当たる部分は我慢できないほどの暑さなのに背中がぞくぞくと寒い、といった寒さが同居した中にあって、寒さを防ごうとする暖の採り方と同じことです。

温度むらのある部屋で快適さを得るためには、強力な暖房器具を使って夏のような到底我慢できないほどの温度にあげなくてはならないのです。建物の中の温度むらは快適さを失うばかりでなく、結露やカビ、ダニの発生原因をつくり人の健康や建物の耐久性を損なう原因になります。

WS000000

断熱欠損部分をつくらない・ダブル外断熱は健康住宅

WS000001

断熱欠損部分のない健康な住まい・温度のバリアフリー住宅をつくる

断熱材によって活かされるものに建物の熱容量があります。建物の構造体、間仕切り壁床、家具などは温度の上昇と下降に応じて、吸熱、放熱する能力があり、建物を外部からすっぽり覆うと、建物の熱損失が大幅に減り相対的に熱容量が際立って大きくなる事から暖房を止めた後も、建物の構造体や間仕切り壁、床や家具などから放熱し室温が長時間にわたり保たれるのです。

断熱材は熱を遮断する能力はありますが、熱容量はほとんどありません。
建物に厚い断熱材を入れたからと言っても熱容量が増えることは期待できません。断熱欠損部分(断熱材を入れられない部分)が多い建物では、その部分から起こる熱損失で、相対的に室内各部の熱容量が減り、暖房を止めると急激に室温が下がることになります。
熱的境界が曖昧な工法では断熱材を厚く入れたからと言っても大きな断熱効果には結びつきません、むしろ熱的境界を明確にする事のほうが断熱効果をあげる上では大切な要素なのです。

断熱材で壁の中を埋め尽くすと、木は動く空気に触れる事もなく、壁内に発生した結露水を発散させることもできず、構造体の腐食を助けることになりかねません、温度差のない健康で快適に暮らせる住まいを作るには断熱欠損部分を作らない工法を選択することが大切です。

断熱区画を明確化し快適な健康住宅をつくる

冷気や熱気を侵入させない・断熱区画を明確化し快適な健康住宅をつくる

快適で健康に暮らせる住環境を確保するには、寒さを持込まない、冷気の侵入を断つ、内と外を分ける明確な断熱区画が大切です。柱や梁などの構造体の間に断熱材を入れる内断熱工法(充填工法)は、柱や梁で断熱材が分断されて断熱欠損部分をつくります。

断熱欠損部分から冬の冷気や夏の熱気が室内侵入する床下や天井裏に断熱施工する工法では、床下換気口を伝って直接床下に入る冷気が床面を冷し、床下とつながる間仕切壁の空洞部分から室内に侵入します。 また夏の日差しを受ける屋根面の熱が天井裏にこもり、
50度~60度にも温度が上昇し、その熱は輻射熱となって二階の部屋から落ち二階の部屋は夏寝苦しく、冬は天井裏に集まる熱と冷えた屋根との温度差から結露を発生させ、木材腐朽菌の繁殖を助長し、屋根を支える野地板を傷める。
この事からも解るように断熱工法によっては明確な断熱区画ができないため、一つの家の中に外部の環境が入り込み室内に温度むらをつくる。

また断熱材が分断される部分などでは局所的に断熱性能が著しく低下し、断熱欠損を起し壁内結露を誘発する大きな原因ともなります。断熱区画が不明確な住まいは人の健康にも建物の耐久性にも良いことはありません。

WS000002

内断熱工法(充填断熱工法)と外断熱工法(外張断熱工法)

WS000003

内断熱工法(充填断熱工法)と外断熱工法(外張断熱工法)

●外断熱工法は、柱や梁などの構造体の外側から、基礎、外壁、屋根と切れ間なく連続して断熱材で覆い断熱区画をつくる事で、
断熱材の欠損部分をつくらないことから建物の熱損失が減り、相対的に建物の熱容量が大きく取れる工法です。基礎の外周や屋根を断熱材で覆い天井裏も床下も部屋の一部と考え断熱を区画します。
外断熱工法は断熱区画がし易く熱欠損部分を作らない事から、人にも建物にも快適でやさしい健康住宅が作りやすい工法と言えます。

●内断熱工法は、柱や間柱、梁、根太などの構造体の間に断熱材をいれる事で断熱材が分断され、断熱区画があいまいになり易く、断熱材の欠損部分をつくり、建物の熱容量が相対的に低下し易い、高気密住宅として施工しても柱や梁で断熱材が分断される部分から冬の冷気や夏の暑さが伝わり易く断熱効率が落ち、壁内に結露を誘発してしまう危険性があり、床や天井で断熱し床下や天井裏を外部環境として扱うことから床下や天井裏の結露も懸念される。

温度のバリアフリーは健康住宅をつくるうえで欠かせない要素

住まいの温度差は心筋梗塞やくも膜下出血などの発生原因

人は著しい温度差を調節する事に大して容易ではなく、暖ためられた部屋と冷えきった脱衣室、浴室、浴槽などの熱い湯などの温度差により、激しい血圧の変動を起し、心筋梗塞などの循環器系疾患や脳内出血、くも膜下出血を発生させる引き金になると言われています。

また冷房のし過ぎは発汗作用を奪い生理機能をくるわす。
冬の暖房による過乾燥は喉を傷め風邪などの細菌の繁殖を助長する。木材にとっても過酷で柱や梁、クロス壁などの亀裂、建具のくるいなどのトラブルを起こす原因になります。
身体の健康に直接働く健康食品などに関することには関心を寄せる人は多いが、普段の生活で不都合を感じることが少ない住まいの温度差は見過ごされがちですが、温度差から起こる死亡事故は年間1万人を超えるのです。特に高齢者の方はこの温度差に注意をしてほしい、加齢によって寒さ、暑さそのものに対する反応が遅くなったりして、寒いあるい暑いと感じなくても体は変調をきたしていると言う事があるからです。

自然素材でつくる住宅だけが健康住宅ではなく、温度差のない住まい、温度のバリアフリーは健康住宅をつくるうえで欠かせない要素です。

WS000004

断熱材が家を壊す・断熱工法の欠陥から家が腐る

WS000005

かつて北海道で、73年のオイルショック以降灯油代を節約するため、北欧やカナダ北米の断熱技術を導入し、
断熱機能を向上させようとグラスウール断熱材を壁の暑さ100mmいっぱいに詰め込んだ住宅を競って作りました。こうして建てられた住宅は壁の中の通気性を失った結果、
木材腐朽菌(ナミダタケ)が大量に発生し、築後数年で土台が腐り、床が落ちる家が続出すると言った誤ちを犯し、断熱工法の欠陥からくる壁内結露による木材腐朽が大きな社会問題となった。

北海道の建築会社と消費者は断熱材の怖さを知り、壁内結露を防ぐには、水や空気を通さない板状断熱材(ポリスチレンやフェノールフォームなど)を使う外断熱工法が最も確実、
安価なグラスウールやロックウールなどの繊維系断熱材を入れる一般工法(内断熱工法)では防湿気密シートをきちんと張れる建築会社は関東以西ではむしろ例外的と言われるほど断熱施工には無頓着、防湿気密施工が不十分な関東以西で、これまで問題が起きなかったのは断熱材が50mm程度で不十分だったから、と言う専門家の意見は一致する。

関東以西でも政府の新エネルギー基準制定を堺に50mmから100mmの断熱材に移行し、北海道の経験が生かされないまま気密防湿施工が不十分なまま断熱材を壁内一杯に詰め込む施工が多く見られます。
親指と人差し指を丸めた程度の隙間でも、そこから入る湿気は、なんと30リットルもの結露水を発生させると言われています。関東以西でも、北海道の二の舞を踏むことになりかねません。(経済新聞記事抜粋)

お問い合わせはこちらから

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 水曜日

 04-7187-0802