自然素材

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119  千葉県我孫子市南新木3-2-4

9:00~17:00

自然素材

自然素材

自然素材

珪藻土や漆喰・薩摩中霧島壁で健康住宅

住いは、子供の成長や身体の健康、心の健康に対し安全に、安心して暮らせる事が望まれます。自然素材は、古くから人と関わり、自然素材の持つ特性を生かし、日本の文化や人の健康を支えてきました。珪藻土や漆喰、薩摩中霧島壁(シラス壁)などの塗り壁材は調湿性や保温性、温かみ、抗菌作用、消臭納力などの優れた能力を有し、住まう人の健康や快適な住環境の実現には欠かせない素材です。

内装建材は人の成長や心や身体の健康に影響を与え続ける

SWS000000

■内装建材は人の成長と健康に影響を与え続ける。

内装建材は人を包み込み、五感に訴え続け、人の健康と、人の成長に影響を与え続けます。居ごこち、心地よさ、安らぎ、肌触り、健康、安全、清潔感、視覚、清掃のし易さ、耐久性、メンティナンスのし易さ、と求める要素は様々、モダンシンプル、クラシック和風、和モダンと室内のイメージも人それぞれの感性で家づくりを進める現在、内装建材もこれらの要素を満たすため、様々なデザインや素材が多岐にわたり製品化されています。

自然素材・漆喰・珪藻土・薩摩中霧島壁・珪藻土で健康住宅

■自然素材・塗り壁材・珪藻土・漆喰

漆喰は石灰岩(水酸化カルシウム)を900~1000度で焼成し生石灰(炭酸カルシウム)とした後、水と反応させて作られる消石灰です。耐久性、吸放湿性防火性、防カビ性を有する材料です。
漆喰の性質を利用し城郭や蔵、醸造所にも使われました。漆喰は施工後、空気中の二酸化炭素と科学反応を起こし、石灰岩の成分と同じ石灰岩質に変質し少しずつ硬化していきます。

城の城郭が何百年も耐えた事や、イタリアの漆喰で創るフレスコ画が長い間現存しているのは、この特異な性質があるからです。また漆喰は強アルカリ性でカビを寄せ付けない性質や吸放湿性を利用しワインや酒、味噌、醤油の醸造所や蔵にも使われたのです。

■自然素材・塗り壁材・薩摩中霧島壁

中霧島壁は、九州鹿児島の噴火によって2万2千年前にできたとされるマグマの1000度越す温度によって自然焼成された無機質セラミック物質でシラス(火山灰)の珪酸質成分を主成分とする、軽石状の多孔質な自然素材です。 消臭調湿機能、耐火性に優れた内装壁材や外装材として使用されます。

■自然素材・塗り壁材・珪藻土

健康志向から珪藻土などの自然素材を求める方が増えています。珪藻土は、800万年前の植物プランクトンが化石化したもので昔から火に強い性質を利用し、七輪やコンロ、耐火断熱レンガの原料として使われてきました。 現在お酒やビールのろ過材としても使われています。

主成分はガラスと珪酸質で0.1~0.2ミクロンという超微細な多孔質な土で、調湿性や消臭機能を備え結露を防止しカビ、ダニの発生を抑制する効果があり健康建材として注目されています。多用されるクロスに比べかなり高価な建材ですが調湿機能や高い耐久性などから、長い目でみれば経済的な材料と言えます。

SWS000001
SWS000002

健康面でもサステイナブルな社会を目指して(薩摩中霧島壁)

SWS000004

■健康面でもサステイナブルな社会を目指して(薩摩中霧島壁)

ケミレスタウン推進協会では、シックハウスを疑われる子供の患者様とそのご家族を主な対象とし、科学物質を低減する機能建材(薩摩中霧島壁や自然素材)などの自然の力を利用した居住施設に住まわせ、
アレルギーやシックハウスの症状の改善を実証し、今後の生活環境の指針を得ることを目的に地元自治体と連携して、生活習慣病や心の病、環境がもたらす健康影響などを事前に予防するため、千葉大学柏キャンパス内に居住施設を建設し千葉大学予防医学センターが実証実験を行いました。

珪藻土や漆喰などの塗り壁のメリットとデメリット

■珪藻土や漆喰・薩摩中霧島壁などの塗り壁のメリットとデメリット

珪藻土や漆喰・薩摩中霧島壁(シラス壁)などの塗り壁は乾燥とともに収縮しヒビやクラックが入ってしまう事もあります。
均一な工業製品と異なり素材にばらつきや色むらなどがでる場合もあります。また施工に手間や時間がかかり工期が延びる事、価格が高い事なども欠点として上げられます。

珪藻土や漆喰、薩摩中霧島壁(シラス壁)などの塗り壁材は工業製品にはない機能を備え、テクスチャーは人の手を借りて仕上げることから様々な表情の仕上がり具合やパターンなどを楽しむことができます。健康住宅には欠かせない素材です。

SWS000005

健康・機能建材(エコカラット・床下調湿材)

SWS000006

■調湿・消臭機能建材・エコカラット

火山灰系粘土鉱物(鹿沼土)を高温で焼成して得られるアロフィンを主原料にして作られた1ミクロン以下の多孔質壁材で珪藻土の約4倍と優れた調湿性能を有しカビ、ダニの抑制効果やトイレ臭、タバコ臭、ペット臭などを吸着し脱臭し、ホルムアルデヒドなどの有害物質を低減させる効果が期待できます。

■床下調湿材(木炭やシリカゲルについて)

床下調湿材には、木炭やシリカゲル、珪藻土を粒状に整形した物などがあります。これらの素材はいずれも調湿機能は備えていますが、高湿度となる床下に使用した場合の管理方法や調湿効果など十分に研究されないまま商品化されているものが多く、ある程度湿気を吸収したらその後除湿も放湿もせず保水してしまうものも多く出回っています。

白い粒状のシリカゲルは高湿度の中で一方的に吸湿し、限界まで吸湿した木炭においてもシリカゲルと同様な結果となり、炭が湿潤状態を保ち床下の状態を悪化させてしまいます。 床下調湿材は施工方法や除湿効果が十分に分かっている物を選ぶことが大切です。

家族や子供の成長を考えたデザイン、人の思いを大切に 健康で楽しく、優しい暮らしができる家づくり

住いは、身体的な健康ばかりでなく、家族が精神的にも健康に住まうための器です。「家を建てる」と言う事は、家族にとって大きな節目であり一大事業です。「外観や使いやすさ」「充実した設備」等のハードの面も大切ですが、内面的なソフトの部分も重要な要素です。

心の健康住宅をつくるには、「住みての明確な住宅感」そして「その家でどんな家族を築くのか」子供の心の成長にとってなにが良いのか」と言ったグランドデザインが最重要課題です。

お問い合わせはこちらから

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 水曜日

 04-7187-0802