温度とバリアフリー

株式会社ソーケンアービック

04-7187-0802

〒270-1119  千葉県我孫子市南新木3-2-4

9:00~17:00

温度とバリアフリー

住まいの温度差は心筋梗塞やくも膜下出血などの発生原因

人は著しい温度差を調整する事に対して容易ではなく、暖ためられた部屋と冷えきった脱衣室、浴室、浴槽の湯などの温度差により、激しい血圧の変動を起し、心筋梗塞などの循環器系疾患や、くも膜下出血を発生させる引き金になり、温度差から起こる死亡事故は年間1万人を超えると言われます。

温度差のない住まい、温度のバリアフリーは健康住宅をつくるうえで欠かせない要素です。

健康住宅・温度差から起こる住まいの死亡事故

BWS000000

■浴室・脱衣室での死亡事故は交通事故死の3倍

日本では脱衣室の寒さ、住まいの温度差から起こる死亡事故が年間1万人を超えると推定されています。
気候が温暖な沖縄では浴室や脱衣室での死亡事故が少ないことから住まいの温度差が原因であることは明らかです。リビングは十分暖房されているのに廊下や脱衣場は非常に寒いと言う住まいがまだまだ多く建てられています。

段差をなくすことや手すりをつけるなどの高齢者対策は気づくが、温度のバリアフリー(温度差のない住まい)に関しては、普段の生活で不都合を感じることが少ないので見過ごしがちです。
高齢になると温度差を感じにくくなったり寒さ対する反応が遅くなってしまい寒いと気づけば良いのですが、寒さを感じてなくても身体は冷えきっている、ということが多く見られます。(経済新聞記事抜粋)

住まいの温度差は、人の体に重大な事故を引き起こす

■健康住宅・温度のバリアフリー

床の段差解消や手摺の設置などハード面でのバリアフリー住宅は高齢化社会の進展とともに増えていますが、温度差のない住まい「温度のバリアフリー」が大切であることはあまり知らされていません。

人は著しい温度差を調整する事に対して容易ではなく、暖かい部屋と冷えきった脱衣室、浴室、浴槽などの熱い湯などの温度差で激しい血圧の変動を起し、心筋梗塞などの循環器系疾患や脳内出血、くも膜下出血を発生させる引き金になると言われていまが、温度差に対する安全性は重きをおかれません。

温度差から起こる死亡事故は、床の段差や階段で起こる転落死亡事故や交通事故をはるかに上回ります。建物から温度差をなくす事は健康住宅を建てる上で大切な要素です。

BWS000001

住まいの温度むらは結露やカビ・ダニの発生原因をつくる

BWS000002

■快適住宅・温度差は住まいの快適さを失い、人の健康をも脅かす

春や秋の爽快な季節のころは、外気温度と室温、部屋と廊下やトイレ等は、それぞれの空間で一様な温度を保ち、
17℃~18℃程度の温度帯でも寒さを感じさせず快適なのですが、冬の暖房された部屋の温度は26℃~27℃を超えることもあり、冬着では到底我慢できないほどの温度の中、汗もかかずに生活できるのはなぜでしょうか?

これほどまでに温度をあげなくては快適さを得られないのは建物の中に温度むらがあるからです。
温度むらが起こるような断熱の施工に原因があるのです。囲炉裏や焚き火のように、
火の当たる部分は我慢できないほどの暑さなのに背中がぞくぞくと寒い、といった寒さが同居した中で暖かさを感じとり、寒さを防ごうとする暖の採り方と同じことです。

温度むらのある部屋で快適さを得るためには、強力な暖房器具を使って夏のような到底我慢できないほどの温度にあげなくてはならないのです。建物の中の温度むらは快適さを失うばか、結露やカビ、ダニの発生原因をつくり人の健康をも脅かします。断熱の施工は住まいの快適さの確保の上で重要な課題なのです。

断熱区画が曖昧な建物は快適性や建物の耐久性を失う

■建物の温度差を無くすには明確な断熱区画が大切

断熱材によって活かされるものに建物の熱容量があります。建物の構造体、間仕切り壁床、家具などは温度の上昇と下降に応じて、吸熱、放熱する能力があります。建物を外部からすっぽり覆うと、建物の熱損失が大幅に減り相対的に熱容量が際立って大きくなる事から暖房を止めたあとも、建物の構造体や間仕切り壁、床や家具などから放熱、放冷し室温が長時間にわたり保たれるのです。

断熱材は熱を遮断する能力はありますが、熱容量はほとんどありません。建物に厚い断熱材を入れても熱容量が増えることは期待できません。断熱欠損部分が多いとその部分から起こる熱損失で、相対的に室内各部の熱容量が減り、暖房を止めると急激に室温が下がることになります。
断熱区画があいまいな工法では断熱材を厚く入れたからと言っても大きな断熱効果には結びつきません断熱区画を明確にする事は断熱効果を上げる上で大切な要素なのです。

むやみに断熱材を厚くし壁の中を埋め尽くすと、木は動く空気に触れることも、壁内に発生した結露水を発散させることもできず、構造体の腐食を助けることになりかねません。

BWS000003
BWS000004

お問い合わせはこちらから

営業時間 / 9:00~17:00 定休日 / 水曜日

 04-7187-0802